バナー

脂性肌向けの美白対策とは

脂性肌とは、皮脂の分泌が過剰になっている状態の肌質のことで、メイクが崩れやすかったり、テカりが目立ちやすいという特徴があります。

そのような肌質の方が美白対策をするときは、普通肌の人よりも注意しなければならないことがあります。




脂性肌は、保湿ケアが非常に重要です。

保湿は乾燥肌向けのケアと思われがちで不要と考える人もいますが、実は脂性肌も乾燥して水分が少ない状態です。
皮脂分泌が盛んな理由にはさまざまありますが、肌内部が乾燥していることも考えられるのです。皮脂は肌を守るバリア機能のひとつで、乾燥は肌に多くの刺激を与えてしまう原因になるため、皮脂をたくさん分泌することで乾燥しないように肌の防御機能が働くのです。

http://hi-edry.biz/

皮脂を抑制したい場合は、肌をしっかりと保湿することが大切なのです。



そのため、必ず化粧水で肌にたくさんの水分を入れた後は、さっぱりタイプの乳液やジェルなどを塗って水分の蒸発を防がなければなりません。



ただ、油分を多く塗ってしまうと、テカりがひどくなるので、控えめに行ってください。

脂性肌向けの美白成分には、皮脂分泌抑制作用のあるビタミンCやピーリング作用のあるフルーツ酸を配合したものがおすすめです。


フルーツ酸は、天然由来の成分で刺激が少なく肌の角質層を剥がす性質を持っているのでピーリング作用があり、ターンオーバーを促進してメラニン色素の含まれる古い角質を排出して美白してくれるという特徴があります。